The Language of Life

The Language of Life

こんばんは、片岡です。

 

寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

 

今日は年末年始に読んだ本や、最近聴いている曲をご紹介します。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

左側 「好き嫌い」と才能  楠木 健

 

オリックスの宮内氏、ローソンの玉塚氏、糸井重里事務所の篠田氏

 

など色々な経営者の仕事においての好きをまとめた著書。

 

好きこそ物の上手なり。

 

とにかく好きなので努力というより、没頭する。

 

本人にしたら娯楽である。

 

ぜひオススメです。

 

右側  僕たちの前途    古市憲寿

 

いい学校、いい会社、いい人生から降りるとは。

 

下流でもなく、ホリエモンでもなく。大企業でもなく、

 

個人でもない。そんなお話。

 

 

こちらはストレッチでかけているCD

 

この曲なに?とよく聴かれるので今回ご紹介します。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 左上から

AMBIENT1   BRIAN ENO

 

LOW POWER   立花ハジメ

 

LMX#1     Luv MasterX

 

左下から

HIROSHI’S KICKBACK  vol2   藤原ヒロシ

 

HIROSHI’S KICKBACK vol1 藤原ヒロシ

 

LOVERS ROCK AFFAIR       ARIWA

 

その中から

 

Brian Eno – Ambient 1: Music for Airports  1978

 

Eien no Idol ( Forever idol) – Hajime Tachibana 1997

 

Todd Rundgren – Be Nice To Me  1971

 

Black Magic – Feeling’s Killing Me  1996

 

Everything But The Girl – The Language of Life  1990

The Language of Life」への11,637件のフィードバック